夏猫写の必需品

猫写真【C】 (街猫外猫etc)'09
08 /11 2009
cc20090811-002.jpg

空き家になったままの家の通路。
敷地内には入らないので
蚊襲撃率10%


cc20090811-003.jpg

うちの庭のどくだみ地帯。(今年はもうない)
ちょっとした水溜りでもすぐにボウフラが湧いて
蚊襲撃率100%


cc20090811-004.jpg

草ボーボーの公園。
ふと腕を見てみると、恐怖感を覚えるほどの黒い点、点、点…!!
蚊襲撃率200%


cc20090811-001.jpg

そんな夏猫写に欠かせないのが
無印良品の「PET小分けボトル・スプレータイプ」に入れた虫よけと、「ムヒアルファS」
これがないともう大変なことになってしまいます。

関連記事

コメント

【お願い】猫がいる場所の詳細な地名(町名、公園名、寺社名などの固有名詞)は

絶対に書かないでください。猫と地域の方に迷惑、心配をかけないために。

広告、署名運動、猫好きさんが不快と感じるような文言など、管理人の判断で削除します。

         

蚊の馬鹿やろー

ある場所で猫の相手をしていたら
全身刺されまくりでした。

ある店のトイレで服を脱いで、
ハンカチを濡らして絞り出すように拭いたらマシになりました。

ウチの実家もただ今野生の王国(草ぼうぼう)です。お盆に帰るのが怖いです。虫刺されとの闘いが私をまっているう~!

★ネオさん、はなこママさん
蚊がお腹いっぱいになるまで血を吸わせてやれば
痒み成分(針を刺すための麻酔)も吸って去っていくので
ひどい痒みにはならない、らしいです。
いっぱい止まられたまんま放置する勇気があれば……。

草ボーボーなところに多い黒いシマシマの蚊よりも
地下鉄車内など屋内によくいる茶色い蚊の方が
腫れと痒みが長引くようにかんじます。
茶色い蚊にはとくにご注意ください~。

ごとー(猫首輪製作所)