猫はどこでしょう?

猫写真【C】 (街猫外猫etc)'14
01 /30 2014
cc20140130-01.jpg

これはまぁ分かりやすいですよね。
(クリックしても大きくならなくてすみません。)

廃屋のビワの木って何でこんなにでっかく育つんやろ!?
家を養分にしてるんかと思うほど。


2月7日(金)~22日(土)水木休 「ひなた雑貨市」 大阪谷町六丁目/ひなた
ごとー猫首輪製作所で参加します。桜柄の首輪など。

関連記事

 タグ: サビ猫  波板・トタン 

コメント

【お願い】猫がいる場所の詳細な地名(町名、公園名、寺社名などの固有名詞)は

絶対に書かないでください。猫と地域の方に迷惑、心配をかけないために。

広告、署名運動、猫好きさんが不快と感じるような文言など、管理人の判断で削除します。

         

廃屋のビワの木は家を養分にしているんじゃないか!
梶井基次郎の「桜の樹の下には」を思い出してしまいましたよ。
なんだかとってもコワステキ。
ビワがたわわに実ったりしたらもっとすごみが増しますね。
錆びたトタン板を見ると、サビ猫とはよく言ったものだなぁ、と思います。

★こてちさん
このでっかいビワの木、きっとものすごい数の実がなるはず!
ほったらかしで収穫されない大量のビワを見ると
食べへんのんもったいないなー、といつも思うんですが
その下に埋まってる何かを養分にしてるとしたら…うわぁ…。

金属の錆び、猫のサビ模様、どちらも同じように美しいですよね。

ごとー(猫首輪製作所)