クロさん、12月27日に永眠しました

くま吉&クロとその仲間たち'18
12 /28 2018
cc20140410-01.jpg

クロさん、12月27日の明け方に永眠しました。推定15歳。
12月上旬からごはんを少ししか食べなくなり(12/19元気がないクロさん
20日頃から水を少し飲むだけになり
それでも日なたぼっこ散歩とトイレはきちんとして
26日もまだいつもの棚の上のベッドまで上り下り。(26日夜からさすがに危なくなって下へ移動。)
最後の最後までちゃんと歩いてトイレに行こうとして
寝床の中に設置した猫砂トイレに入ろうとしたところで息絶えていたと聞きました。
息を引き取る瞬間は誰も見られなかったんですが
クロさんとしてはその方がよかったんじゃないかと思います。
なでなでやブラシは寝てるときに少しだけ、用事があるときだけ大きな声で人を呼ぶ
そんなタイプだったので。

k20181227-1.jpg

k20181227-2.jpg

12月20日。右がクロ。しんどくて眠りが浅い様子。
左がくま吉。拭かれるのを嫌がって雨に濡れたままベッドに入ってしまった。

k20181227-3.jpg

夏は風の通り道で黒猫団子。めっちゃ暑い日やったと思うんやけど、いつもくっついて寝てたなぁ。

k20181227-4.jpg

奥がクロさん。

k20181227-5.jpg

2006年11月26日、偵察を繰り返してから3匹の子連れで乗り込んできた、クロ一家集合写真。
この後、虎雄さん、ふわりちゃんはそれぞれ愛知、京都の里親さんの元へ。

k20091230-002.jpg

集合写真を撮った空き家を解体した後、屋根だけだった自転車・物置スペースをリフォームしてクロとくま吉の部屋に。(写真はくま吉)
クロさん、ちゃんとここで眠りにつきました。

k20171231-2.jpg

2017年12月20日。1年前の日なたぼっこクロさん。
病気も怪我もせず、いつもピカピカつるつるの毛並みで、かしこい猫でした。

icon-t30.jpg twitter@goto_151 icon-i30.jpg Instagram@goto151
関連記事

 タグ: くま吉&クロ 

コメント

【お願い】猫がいる場所の詳細な地名(町名、公園名、寺社名などの固有名詞)は

絶対に書かないでください。猫と地域の方に迷惑、心配をかけないために。

広告、署名運動、猫好きさんが不快と感じるような文言など、管理人の判断で削除します。

         

クロさん寂しいなあ。
枯れるように亡くなったのですね。
病気もせず、最後まで元気に過ごし、あっぱれな旅立ちでしたね。
ずーっとくま吉さんとなかよし親子で、ふたりがくっついているのが大好きでした。
くま吉さん、寂しくなりますね。
寒いから暖かくして寝るんだよ。
クロさんの写真、たくさん見せていただいてありがとうございました。

クロ母さん、おやすみなさい。
”THEネコ”の猫生を全うされたのですね。
最後まで”クロ母さん”、らしかったのですね。

個性的なお目々が好きでした。

クロ母さん、猫ってこうだぜ、みたいな見事な生きざまですよね。
偉い子ですね。
ただ、自分はおろかなただのヒトなので、ネコさんとのさよならはいつもただ泣いてしまうだけ、おろかものです。ネットだけ拝見するだけでしたが長いお付き合いを勝手にさせていただいてました。クロさん、さよなら、ありがとうね。

クロさん、かっこよすぎる旅立ちに泣いてしまったよ……。
見事な猫生でした!
出会えてよかった、ありがとう!
ごとーさん、はじめさんに続きクロさんも……心中お察しします。
寒い年の瀬ですから、あたたかくしてお過ごしくださいね。



ちびズを連れてやってきた当時のことを
あれこれと思い出しました。
みんな元気にしているかなぁ。

身の処し方を心得ているようなクロさんの潔い旅立ち、
立派だったと思います。
こうしていつも猫たちに学ぶ……。
クロさん、ありがとう。

くま吉さん、元気だしてよ!

クロさん、がんばりましたね。
真っ先に、くま吉さんと仲良く一緒にいる姿が
頭に浮かびます。
優しくて聡明な猫さん。ありがとう。
くま吉さん、寂しいと思うけど体に気をつけて過ごしてね。
ごとーさん、
クロさんのいろんな姿や表情を見せていただき
ありがとうございました。

みなさま、クロにあたたかいお言葉を寄せていただきありがとうございました。

★キウイさん
お腹がちょっとゆるかった以外は本当に健康体で
4匹の中で一番長生きしそうって言ってたのに
2番目に三途の川渡船クロネコ便に乗って行ってしまいました。
生まれたときからずっと一緒だったので、くま吉はさすがに寂しそうです。

★iwagikyouさん
小粒な寄り目で視界が狭いというハンデがあったみたいなんですけど
セミ採りなどはすごく上手だったんですよ。
そういうところもTHEネコでした。

★pawさん
なんとも上手いこと人間を手玉に取って家まで作らせたという、やり手の母猫でした。
はじめもクロも、悲しんでは申し訳ないと思えるような立派な最後で・・・
と言いながら、実際のところはダメージ大きいですー…。

★みわこ@奈良!さん
外猫らしく人目につかないところに隠れてひっそり亡くなるどころか
最後、家の中に入りたそうな素振りも見せたらしくて。判断力に優れた猫でした。
更新が減ってるブログが訃報続きになってしまって…、しばらくは何事もないといいなぁ。

★こてちさん
最後の日なたぼっこ散歩ではわざわざ家のまわりをぐるりと1周してから自分の部屋に戻ってきたとか。
どこまでもちゃんとした猫で、人に置き換えてみても理想の最後だったんじゃないかと思います。
虎雄さんもふわりちゃんも、他の猫さんと出会ったり別れたりもしながら
のびのび元気に過ごしてるはずです。

★ぽぽろさん
一時期、くま吉に対して親離れしてほしそうな素振りを見せたこともあったんですが、結局最後まで仲良し親子でした。
くま吉は庭で追いかけっこしたりして遊ぶ相手がいなくなってなんとなく退屈してる様子です。
でも、母クロ譲りの健康体なので、しっかりごはん食べて過ごしています。

ごとー(猫首輪製作所)