猫写2009(121)

猫写真 (街猫、外猫etc)'09
06 /25 2009
hb20090625-002.jpg

他の兄弟猫たちが人目も気にせず飛びまわるなか
ひとりだけなかなか出て来られないチビ茶トラ。

猫写2009(120) と同じ田舎町にて。


◎2年前の夏、交通事故に遭ったと思われる茶トラ子猫がうちの庭へ流れ着きました。
折れ曲がって腫れ上がった前足、すでに手遅れの状態で……
子猫嫌いなくま吉が、あの猫だけは優しく見守ってやってたなぁ。

関連記事

 タグ: 茶トラ猫  子猫 

コメント

【お願い】猫がいる場所の詳細な地名(町名、公園名、寺社名などの固有名詞)は

絶対に書かないでください。猫と地域の方に迷惑、心配をかけないために。

広告、署名運動、猫好きさんが不快と感じるような文言など、管理人の判断で削除します。

         

その茶トラの女の子

ごとーさん書いていらっしゃいましたよね、その茶トラの女の子のこと。そのときはどうして亡くなったのかなと思っていました。
生まれ変わったら事故にあわず、健康で幸せな生活をおくっていてほしいと切に願います。小さい子の怪我や病気は辛いですものね。。。

恵まれた環境に生まれてくる猫ばかりでなし、
それはわかっていても悲しいですね。
ごとーさんのお庭にたどりつけただけでも
よかった。

★ukurinponさん
あの子猫のことを思い出すと、今でも自分が代わってやりたかったと思ってしまいます。
手遅れの状態であることを猫の方がよく分かっていたのか
くま吉だけじゃなく、大将もその猫には手を出さなかったのが印象的でした。

★こてちさん
他にも、茶トラと同じく一度も見たことがない大人猫が家の前に突然現れて
大きな声で「ニャァァ!」と一言言い残してから
ふらふらの足取りで家と塀の隙間に入り込み
そこで眠るように息を引き取ったことがあったんですよ。
みんなどうやってうちにたどり着くのやら。

ごとー(猫首輪製作所)