圧縮ベッド

くま吉&クロとその仲間たち'10
06 /21 2010
k20100621-1.jpg

くま吉とクロが親子で場所取り合戦を繰り広げている植木鉢ベッド。
鉢いっぱいに涼しげな葉っぱがこんもりと・・・


k20100621-2.jpg

なんじゃこりゃー、稲刈り後の田んぼみたいになっとるー!


◎猫パンチを受けたヘビ(2m級のぶっとい青大将!)が川へダイブ!
カメラをカバンの中に入れてたせいで撮れんかったー…あほー、どあほー。

思い出すと手にイヤな汗をかいてめまいがしてくるほどショック!
普通の住宅地(家の近所)であんなシーン、たぶんもう一生ないわー。
あれ以上にインパクトあるシーンを撮れるまで猫写やめられへんな。

夏猫写の必需品(蚊対策)、今年もこのセットを常備しています。
スプレーの中身(虫よけ)はプレシャワー・マリンの香り
トロピカルフルーツの香りってどんなんやろ??

関連記事

 タグ: 黒猫  くま吉&クロ 

コメント

【お願い】猫がいる場所の詳細な地名(町名、公園名、寺社名などの固有名詞)は

絶対に書かないでください。猫と地域の方に迷惑、心配をかけないために。

広告、署名運動、猫好きさんが不快と感じるような文言など、管理人の判断で削除します。

         

踏んだり蹴ったり。

くま吉くん?クロちゃん?どっちだ?(笑 の目の輝きが何か好きです。
植木の草も2人のネコたちに入れ替わり立ち替わり入られたんじゃ、こうなってしまいますよね(笑

ネコと小さいヘビと遊んでる姿は撮ったことありますが、それだけでかいのはないですね。
そりゃ悔しいでしょう。
猫写をとことん続けなさいとの天の思し召しなんですよ、きっと(笑

私もあります。

「猫とヘビ」ですが、
私も衝撃的な体験があります。

それはまだ美衣が生きていた頃の事。
現在は駐車場になってるウチのお隣、
7、8年前までは広い庭だったのです。
ま、庭とは名ばかりのうっそうとした密林状態になってましが。
またそのお向かいさんにも広いお庭のある邸宅です。
なので、おそらくそこらには『ナンでも』棲息していたと思われます。
イタチなんていうに及ばず、
時折、トグロを巻いたヘビさんが目撃されましたから。

で…ある良いお天気の朝、
ふとその二軒との境目を覗くとそこにはデッカイ蛇さん。
その向かいにはウチの美衣がいてシャーッなんてやってました。
完全に狩りモードでした。
美衣は優秀なハンターだったのでウチに持って帰られては困ります。
なのでウチからホースを引っ張って来て目一杯の放水。

もちろん美衣はブッ飛んでどっかに行ってしまいました。
ヘビさんの方もおっとりとではありましたが、
密林の方へ姿を消したのでありました。

メデタシメデタシ。







ウケました。あら、素敵なネコベッドと思ったら・・・・・稲刈り跡。これでごはん3杯いけます。

お見事!
でも、どこも同じようなもんですよ、ええ(笑)。

蛇ですかあ。
部屋の中で添い寝した方は少ないですよね、やっぱり。
先代のクロかその子どものミミかミーコか忘れましたが、
ずっと若い頃、久々の帰省をした真夏の早朝のこと、
目覚めると私の布団の横にはまむしっぽい長いものが…。
(蛇の)命は一応取り留めていましたが、
そばにいる猫との2ショットに声も出ませんでした。
先代のクロだったのかな。
母が火箸で遠くへ持って行ってくれました、
再び猫が連れ帰らぬように。
我が実家では昔から猫との遊びのルールが1つだけあって、
長い紐で遊ばせないこと、と。
でも、ずっと野生を満喫できる環境にあって、
そんなルールは人間だけが守る滑稽なものでしたが、
母は猫にも繰り返し言って聞かせてました。
「蛇はダメ」と。
今のクロにも何度も言い聞かせているようで、
彼女は守ってるらしいですよ。
長~いお土産は一度も持ち帰ってないそうですから。

時間が巻き戻せないのが、どれだけもどかしく悔やまれたことでありましょう!!!
やはりこれは、この先に快哉を叫ぶ一枚の傑作を撮りのがさないための予行練習ですよ、きっと!
わたくしはそう信じておりまする。
圧縮ベッドは手足を伸ばす位置が決まっているんですね~♪

★Kuhkatze.Nさん
あ、くま吉(息子)の方です~。
2匹とも真っ黒猫なので、実物もしょっちゅう見間違ってしまいます。
キャッチライトの有無でずいぶんと印象が変わりますよね。黒猫はとくに。

田舎でも見たことないような長さ太さでびびりました!
猫写はいろんなことがあって面白いのでやめられませんね~。

★あずみさん
うちの庭もプチ密林状態だった頃にはやっぱりヘビが住んでいました。
いろいろ工事を繰り返すうちにどこかへ引っ越してしまったようなんですが
もしや猫にやられた…??
お向かいの邸宅が売却、解体されたら、またいろんな生き物が飛び出してきそうですねぇ。

★はなこママさん
猫にとってはこの高さと狭さがちょうどいいんでしょうねぇ。
そして、あのふんわり感…はどこへ~…

★葉菜さん
そういえば、ずいぶん前にもよそで同じ光景を見たことが!
ホントにどこも同じみたい(笑)
http://hibi-iro.web.infoseek.co.jp/nekoiro4-kakohyousi-neko-005-056.htm

クロちゃんにとってはそれが人生(猫生)最大の大捕物だったのでしょうね。
この話、「ネコまる」「猫びより」に投稿したら絶対載ると思います~。

★こてちさん
面白かったのに撮り逃した~…なんてことはしょっちゅうなんですが
絵や文章で伝える能力がないので、きっちり押さえられるように精進したいと思います~。
でも、ヘビ嫌いな人からは「よくぞ撮り逃した、見たくない」って言われました(笑)

ふわふわが全滅しないようにと猫なりに気を使ってるんでしょうか?(どやろ~?)

大昔すぎて、記憶も薄れてますけど
住宅街をちゃりんこで走っていたら
とぐろをまいている蛇とうずくまっている猫の
にらみ合いを目撃しました。
今のようにカメラを持ち歩いてない大昔のことなので
もちろん写真は撮ってないですけど・・・。
そしてそのまま走り去ったので
その後どうなったかは知りません。

植木鉢ベッド、寝ワラがひいてあるみたいで
寝心地良さそうですね。
猫は気持ちのいいところを探すのがうまくて
うらやましいです。

★ミケリテさん
ぐるぐる巻きのヘビは動物園でガラス越しにしか見たことがないです。
ばったり遭遇してみたいですわ~。
猫とヘビ、地域によってはわりと普通に見られるんですねぇ。

毎日のように寝押しされてすっかりワラ状態に~…。
黒猫は熱を吸収してすぐに熱々になってしまうので
日が当たる時間帯は地下植えになっている植物の茂みにもぐって寝ているようです。

ごとー(猫首輪製作所)